CMIT

The Creator Market on Internet Technology

クリエイティブ分野におけるブロックチェーン、クリエイターとファンが直接的かつ平等に価値をやりとりできる世界に

CMITCOINはゲーム・コミック・アニメーション・ボーカロイド・Vtuberなど、日本を発祥とする様々なクリエイティブコンテンツを生み出すファンコミュニティーを活性化するために生まれたEthereumトークンです。 クリエイターとファンを取り巻く環境全てを直接的に繋ぐエコノミーを構築することで、既存のファンビジネスのスキームから中央集権的な部分を取り除き、コミュニティーが直接的に価値を交換したり、特別な体験を得られるような仕組みや土壌を提供することを目的としています。

ホワイトペーパーを読む

WEI PROJECTとは

『WEI PROJECT』We Enjoy Ignorance(無知を楽しもう)は、3つのビジネスプロジェクトの総称で、日本発祥のクリエイティブエンターテイメントを活性化させることを目的として生まれました。自らのチカラでコンテンツを世界に発信できるクリエイターの育成を通じてファンコミュニティーを形成し、更にはブロックチェーンを活用したNFT二次創作マーケットを構築することでクリエイティブ分野において新しいビジネススキームを実現します。

CMITCOINは『WEI PROJECT』第二弾、NFT二次創作マーケットやファンコミュニティーに提供されるアプリケーション・サービスにおいてユーザーインセンティブや決済に利用される暗号資産で、ユーザー体験やサービスの向上に貢献する新たな価値交換手段として機能します。

CMITCOINのバーンについて(200億枚を焼却)

CMITCOINは資金調達を主な目的とせず、今後展開するサービスや、コミュニティー内の活動によってユーザーが獲得できるインセンティブとして活用することで、サービスの利用者を拡大するしかけの一つとして機能させることを目指します。そのため、取引所配布や開発を目的として運営が保有していたCMITCOINの40%をバーンにより消滅させることで市場流通量や、サービス内のインセンティブとして利用する割合を大幅に向上させ、運営側の中央集権構造を緩和し、分散化を促進、これから広がっていくエコノミーを活性化させることを狙います。

CMITCOINトークン概要

CMITCOINはERC223規格に準拠したEthereum トークンです。発行後にエアドロップやユーザーへのインセンティブとして既に分散されたトークンであり、海外の取引所でグローバルに取引されている実績もあります。また、総発行枚数の2/5にあたる20,000,000,000枚のバーンを実行すると、バーン後は総発行枚数の1/3が市場流通していることになります。市場に流通していない運営側が保有するCMITCOINについては、WEIプロジェクト内のサービスでユーザーインセンティブやコミュニティー拡大のために活用される予定です。

トークン名:CMITCOIN
シンボル:CMIT
総発行枚数:30,000,000,000
トークン規格:ERC223

バーン実施後に以下の枚数をロックアップします。
発行元リザーブ(22%)
合計:6,666,666,666

ロックアップ期間

[3,333,333,333CMTI]を2021年5月1日00:00(JST)から2022年4月31日23:59(JST)までロックアップ。
[3,333,333,333CMTI]を2022年5月1日00:00(JST)から2023年4月31日23:59(JST)までロックアップ。

Liquidity

Wallets

Contract Adress:0xe11609b9a51caf7d32a55896386ac52ed90e66f1
Symbol:CMIT
桁数:8